• 一番行いやすいログ組みビルドと内装ビルドとは

    ログ組みビルドという物があります。この際に自分で行うのは、ログ組みと屋根下地と、 塗装工事のみとなっています。基礎と屋根仕上げと内装工事、電気、設備工事といった専門的な物を、 プロに依頼する形になって居ます。友人に応援を依頼して、ログ積みの作業を一定期間や 長期休暇の際に、行うといったものになっているのです。

    セルフビルドを手伝ってくれる、友人などが居るのであれば、ログ組みの作業は、とても楽しい 作業で、最初に、マニュアルをよくチェックし作業を行っていけば、そこまで難しい工程では ないでしょう。もしも建築地が地方であったとしても、一定期間の長期の休暇がある際には、 合宿気分で宿泊したり、皆でわいわいすることが出来るのです。後に業者に依頼する方法になります。

    そして次に紹介するのが、内装ビルドというものです。この工程で自分で行うのは、名前のとおり、 内装工事と塗装工事のみです。基礎、ログ組み工事、屋根仕上げ、電気、設備工事といった物を、 業者に依頼する形となっているのです。力仕事や人でが必要な作業が多いログハウスなので、 この方法が1番簡単であるのかもしれませんね。

    ログ組みビルドと内装ビルド
メインコンテンツ

様々な工程


屋根の工事が完了したのちに、個人でのんびり床板や天井板といったものの内装を行っていく タイプの工程となっています。ログハウスの外観は、もはや完成に近い状態なので、 鍵も掛けれるので、のんびり作業する事が可能となっていて、雨が降っても室内に入れるので、 まるでキャンプのような感覚になるのではないでしょうか。


セルフビルドには、様々な工程が選べる事を紹介しました。その2つの工程のメリットを 紹介していきます。あなたがセルフビルドする際に、手を貸してくれる友人がいるのであれば、 とても楽しいログハウス作成が出来、手際のいい工程が出来る事がメリットとなっています。 2つ目の工程の内装ビルドのメリットですが、外装と専門的な事は、業者に行ってもらい、 内装を重視したい際には、このような工程を選びます。メリットは、のんびりと間取りなどを 考える事が出来ることでしょうか。外装を友人などと行うのもいいですが、 実際に外装となると雨にぬれる可能性もあるので、こちらの内装ビルドを選ぶ人が多くいます。どちらがよいかはその人の完成形の想像図に よります。両方を意見を聞いて決めると良いです。

様々な工程